偉業を成し遂げた松山英樹選手

プロゴルファーの松山英樹選手がマスターズトーナメントで優勝を果たしました。

世界のトップ選手が集うこの大会で、日本人で初めて優勝したことは歴史に名を刻む偉業だと言えるでしょう。

プロゴルファーの夢舞台であり、予選などはなく、実力を認められた招待選手のみで行われるこの大会のレベルは、まさに世界最高峰であり、ハイレベルなコースと世界中から集った最高の選手達による大会です。

今まで名だたる国内トッププロが挑み続けてきましたが、元プロゴルファーの青木功選手が2位になったのが最高の順位でした。

松山選手は石川遼選手と同期でもあり、2014年から主戦場をアメリカツアーに移し、好成績をキープしていました。

石川遼選手もアメリカツアーに参戦していました。ですが、ケガによる身体の不調もあり、波に乗れず撤退しました。現在は国内ツアーで頑張っています。

そんなアメリカツアーで松山選手は鍛え上げられてきました。ウエイトを上げ筋肉をつけ、弛まない努力を積み重ねてきました。毎年、マスターズに参戦し、それなりの成績を残していましたが、優勝までには至りませんでした。

心技体の全てが最高の状態で、ミラクルショットを連発し、攻めのゴルフをしないと勝てないマスターズの舞台で、遂に松山選手は優勝を成し遂げたのです。

ゴルフは打ちっぱなし程度しかしない、私でもマスターズ優勝の凄さは理解しています。

タイミングが合えば、毎年、大会の映像を見て、「凄い」と唸ってしまうシーンを何度も見てきました。特に2019年のタイガー・ウッズ選手の復活には感動しました。

当然、毎年のように参戦していた松山選手の動向も注視していました。

いいところまでいく時もあるのですが、他の選手が凄いプレイをするため、一歩及ばず、悔し涙を流す姿を見てきました。

今年も大会前に松山選手がインタビューに答えていたのですが、力みが無く自然体で余裕があるように感じました。ひょっとしたら、優勝争いに加われるかもと予想していたら、絶好調の独走状態になり、驚きました。

あの難コースで3日目に10アンダー以上を叩き出したら、優勝がかなり現実的になったと思いました。

やはり 、最終日は我慢のゴルフになりましたが、松山選手は決して守りに入らず、攻め続けていました。

猛追してくる選手がいましたし、攻めなければ勝てないことを知っていたからでしょう。猛追してきた選手がトリプルボギーを叩かなければ、負けていたかもしれません。その猛追した選手も攻めた結果なので、悔いはないと思います。

最終日、最終18番ホールにやって来た松山選手にギャラリーはスタンディングオベーションで迎えました。

マスターズで優勝する選手への敬意を込めた対応です。情報によるとこの大会を観戦出来るチケットは世界一と言われるほど、入手困難であり、観戦する人々はギャラリーではなく、パトロンと呼ばれるそうです。

それほどのゴルフファンから、敬意を払ったスタンディングオベーションを受ける松山選手は、本当に誇り高い日本人プロゴルファーだと言えます。

大会後のインタビューで優勝した者のみ与えられるグリーンジャケットを身に着け「凄いことをしたんだと嬉しい気持ち」と答えている松山選手を見て、努力が報われて本当に良かったと思います。

マスターズ優勝直後もパター練習に励み、飾らず努力を惜しまない彼の姿を見ると、ここからが彼の伝説の始まりであり、グランドスラム達成も夢ではないと思います。

ゴルフは常に冷静なメンタルをキープしていないと、大叩きをしてスコアを崩し勝つことはできません。それだけではなく、コースを知り尽くし、天候や風を見極めなけれはなりません。大変、奥の深いスポーツです。

探偵業も情報を集め、下調べを万全にし、徒歩尾行・車両尾行・張り込みなどの探偵スキルをフル活用しないと成功に結びつきません。

常に冷静な判断や臨機応変な対応が必須であり、強いメンタルが求められます。

私がゴルフに惹かれるのは、強いメンタルをキープして、最高のプレイをするところにあるのかもしれません。

世界最高峰のプレイをする松山選手が憧れたレジェンドのタイガー・ウッズ選手を超える偉業を成し遂げる日が、きっと、やって来ると確信する熱血探偵でした。

利便性が良くなった堺東

2021年4月3日に南海高野線「堺東駅」の南側に隣接する商業施設であるジョルノがグランドオープンしました。

以前は旧ジョルノビルとして、堺市役所や堺東駅前の立地を活かし、堺東の中心的な役割を担っていました。
ですが、ビルの老朽化や来客の減少に伴う空きテナントの増加などにより、だいぶ、すたれている印象でした。

約3年前より工事が始まり、今月より完成、オープンとなりました。
仕事柄、この近辺を走行することもあり、解体・取り壊しから工事の過程を見守ってきました。

やっと完成したなという感じです。24階地下2階 建て のマンションで、地下2階に有料駐車場があり、3階までが商業施設となります。
5月には堺市役所からパスポートさかいが2階に移転するそうです。

テナントにはマクドナルドやミスタードーナツ、デイリーヤマザキ、ラーメン屋、美容院などが入り、地下1階にはスーパーマーケット「サンプラザ」も入っており、大変、便利になりました。

私が最も評価したいのは堺市役所とジョルノを経由する歩道橋が出き、屋根付きで堺東駅まで繋がったことです。

この歩道橋が出来たことで、車両で駅前へ向かう際の通行人待ちが、格段に改善されました。
以前は人の流れが途切れず、随分と待たされましたし、走って横断する人もいて、危険でした。
特に市役所の退勤時間ともなると、人の流れは酷いものでした。

現在、その人の流れは歩道橋に向かっていますし、店舗もありますから、以前に比べ賑わい、繁盛すると思います。


その堺東駅や堺市役所敷地へ直結する屋根付き通路を「ペデストリアンデッキ」と言うそうです。名前なんて、どうでもいいですが、便利になって本当に良かったです。

ちなみにマンション名は、「プラウドタワー堺東」です。新築分譲マンションで、完売済みのようです。調べてみますと賃貸物件もあり、月15万円からのようです。総戸数は約333戸あるようなので、確実に人が増えますね。既に入居されている住人の方々の姿も見かけます。

そのうち、不倫カップルも利用するでしょうから、散策して立地の把握も抜かりなく、やっておきます。

堺東
歩道橋
堺東
駅前

不倫カップル定番の淡路島デート

最近の不倫カップルの遠出コースですが、淡路島が増えています。
まー、昔からスタンダードなデートコースではあるのですが…。

去年は1年を通して、頻繁に対象者カップルを追尾して、淡路島にお邪魔しました。
一度などはGPSを設置していない状態にも関わらず、対象者が予定よりも早く動いたため、早めに現場に到着した私が単独で尾行したこともありました。

だいたい走行するルートや方向、高速乗口などで、これは淡路島行くかも!?などと予測します。
この時も尾行の途中でわかり、後続の調査車両に連絡を入れ、スムーズな尾行が出来ました。結果的には動きはなく、仲間と集合してキャンプでした。

不倫カップルが明石大橋を渡って、まず立ち寄るのが淡路SAです。そこでトイレ休憩、明石大橋を見ながら自撮りでツーショット撮影をします。
時間帯や対象カップルにも寄りますが、観覧車に乗ったり、土産物屋を見て回り、時間を過ごします。

食事をするパターンもありますが、ここで食事を摂るカップルはあまりいません。
探偵としては、ここで不倫カップルの様子を見て、スキンシップの度合や親密度で関係の深さを見極めることが出来ます。
当然、様々なアングルからベストショットを撮影します。

観覧車の中にいても、関係なく距離を取り、ズームして撮影するので、全て押さえています。
本人達は2人きりの世界に浸りきっているのでしょうが、「全部、丸見えですから」(笑)

この淡路SAを出たら、観光スポットを数カ所巡り、予約しているホテルへチェックインのパターンか、淡路島を出て、帰路につき自分達のホームタウンのラブホテルへチェックインのパターンがほとんどですね。

こちらとしては、遠出でテンションが上がっている不倫カップルを追尾するのは、それほど難しくはありません。
ただ、やたらと道を間違えて、Uターンを繰り返したり、路肩に停車(カーナビとにらめっこ…)する対象者の尾行は難しいというよりは、イラっとしますね。

特に道を間違えて、住宅街に入られるとやり難いです。以前は、またかとテンション下がっていました。ですが、これも慣れてしまえば、色々と対処法はあるもので、余裕を持って対応可能です。

迷わず、いいとこ見せろよ!と対象者の様子を窺うのですが、道を間違えて慌てている対象者に周辺を気にする余裕などないようです。
今年に入って、既に5回ほど、淡路島に調査でお邪魔しています。

今年は何回行くことになるやら…。とは言っても、空気がきれいで海と山に囲まれた淡路島は好きなので、楽しみでもありますけどね。

探偵とスマートフォン

先日、ラインを見ようとすると、アプリが起動せず、画面が真っ黒な状態になりました。あれ、スマートフォンの調子が悪いのか?

他のアプリも試して見ると起動可能なアプリと起動しないアプリがあることがわかりました。ちなみにヤフーも駄目でした。

こんな不具合の際は取り敢えず「Google Playストア」からアップデートを試したり、再起動などを試すのが、私の対処法です。
非番の時ならまだしも、調査中は勘弁してほしいものですが、このときは非番でしたので焦らず対応出来ました。

対処した結果、問題なく起動したので、ラインを確認し、着信していたメールに返信でき、一安心しました。
後日、この不具合についてのニュースが出ていたので取り上げます。

基本ソフトの「アンドロイド」を搭載したスマートフォンで一部のアプリが強制的に終了されるなどの不具合が発生。
ソフトを提供する「グーグル」は23日、夕方までに問題のあった部分の修正を行い、不具合は解消したと発表。

原因はグーグルが提供する基本ソフト「アンドロイド」で、「WebView」と呼ばれる機能に不具合が生じ、一部のアプリが強制終了される事象が発生したとのことです。
この影響でスマホ決済やメールの送受信などのサービスが利用しにくくなっていましたが、すでに解消しているということです。

といったニュースでしたが、ちょっと待て!ですよね。大事な仕事のメールをやり取りしている最中に、この不具合は致命的ですよね。
過去にソフトバンクが起こしたスマートフォンの不具合は賠償問題に発展したケースもありましたが、ソフトバンク側はスルーしていたと記憶しています。

今回は対応が早く、それほど騒がれていませんが、実害が出て困った人もいたのではないでしょうか?
アイフォンユーザーではなくアンドロイドユーザーに起きた不具合なので、被害を被った人が少数だったのでしょう。
ですが、グーグルから何かしらの謝罪があったとニュースも出ていないので、釈然としませんね。

昨今、ラインのデータが中国の企業からアクセス出来る状態で問題となり、社長が謝罪会見を開き、中国からのアクセスを遮断し、問題は改善されたと言っていましたが、信用はガタ落ちですね。
個人情報を扱う会社にしては危機管理が甘く、後手後手の対応は改善の余地がまだまだありそうです。

そう言う私自身は危機管理が出来ているかと問われると、なんとも言えません。
スマートフォンを始め、便利な機材(GPS、暗視カメラなど)に頼りきっていて、依存してる部分が多いです。

去年の夏頃にスマートフォンの画面が割れて、使用出来ない状態になった際、朝から調査だったので困りました。
時間があれば、ショップへ行き、代換機を手配して直ぐに対応は可能です。しかし、その時は時間がないので、過去に使用していたスマートフォンを引っ張り出し、グーグルマップを使用し、現場に行きました。

現場には相棒がいますし、インカムで連絡が出来るので、メールのやり取りは相棒にお願いし、無事に調査を終えることが出来ました。
その時に思ったのが、現代の探偵はスマートフォンや機材に頼り過ぎていて、アナログの状況になったら調査スキルが格段に落ちるのでは?といったことです。

スマートフォンやカーナビが無くても、スムーズに現場へ行ける探偵ってどれくらいいるのでしょう…?
知ってる土地ならまだしも、知らない土地は地図がないと無理ですよね。

尾行も然りで、GPS無しで成功するには、経験値を含め、かなりのスキルが必要です。
そんな事を考えつつ、機材に頼り過ぎないよう、自分自身の調査スキルが錆びつかないよう、危機管理も高められるように日々精進しようと思います。

最前線で活躍される探偵の皆さんも、スマートフォンが壊れた場合を想定し、シュミレーションしてみては如何でしょうか?
自身の依存度がわかると思いますよ。

「今年は去年よりも良くなる」

2021年(令和3年)もあっという間に3ヶ月、4分の1が過ぎました。時間の過ぎ去るスピードが、年々早くなっているような気がしてなりません。

コロナ禍の影響もあるのでしょう。コロナ対策を常に意識し、人が集まる場所ではマスクをしなければいけません。

こんなご時世では人との繋がりも少なくなり、希薄な関係になってしまいますね。

大人数での会食、パーティー、イベントの数も減り、出合いも限られてしまいます。海外旅行も自由に行けないなんて、なんて時代なんだ!と嘆かわしい気持ちになりますね。

今のティーンズ、新社会人の若年層が、可愛そうでなりません。

青春ど真ん中の彼らにとって、今こそ仲間達と大いに騒いで、バカなことをして絆を深める時です。多くの人と出合い、恋愛もして、青春を謳歌していい時期なのに、コロナ禍が邪魔をしています。

私が同年代のころは、繁華街へ繰り出して、仲間達と大騒ぎをし、朝まで飲み明かすなんて、あたりまえの事でした。周りの大人達も温かい目で、見守ってくれていたものです。

バッパー(バックパッカー)をしていたころは、格安航空券を使って、世界中を飛び回っていました。あの頃に、こんな時代がやって来るなんて、想像だにしませんでした。

ですが、米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏は5年前に人類最大の脅威は「戦争よりもウイルス」とパンデミックの発生をいち早く予言していました。
情報(インターネットワーク)だけでなく、ウイルスも世界中に拡散されるスピードは早い。

人間が自由に世界中を移動できるこの時代に、人間がウイルスの媒介をしているのだから、当然と言えるでしょう。結果的に人々は自由に世界を行き来することが出来なくなり、閉鎖的な世の中になってしまいました。
ウイルスによってパンデミックが起こることは、ビル・ゲイツにとって簡単に想像が出来たことなのでしょう。

最近のビル・ゲイツ氏のコメントには「新型コロナワクチンの開発と供給で科学がめざましい進歩を遂げている。「人類が1年で病気に関してこれほどの進歩を遂げたことはかつてなかった」とたたえています。

ワクチン開発には10年かかることもあるのに、科学者たちは1年足らずで複数の新型コロナワクチンの開発にこぎつけた。ワクチンが行き届けば「今年は去年よりも良くなる」と予測しています。

ネガティブなニュースばかりの現在、明るい未来の兆しが見えてきたように思います。

どんな形であれ、東京オリンピックも開催が出来れば、もっと、人々が前向きに未来へ進めるでしょう。はっきり言って、自粛生活はうんざりですよね。

2021年 探偵の仕事始め

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

熱血探偵の年末年始は調査で明け暮れる日々でした。大晦日は調査から戻り、シャワーを浴びて出て来ると2021年になっていました。

忙しい日々でしたが、大変、充実した時間を過ごせました。

ところで、昨年はコロナ禍の影響で多くの企業や会社に影響がありましたね。もちろん。探偵業界にも影響がありました。

マスク着用が当たり前になり、対象者の面取りが困難になったのは厳しかったです。ですが、慣れていくもので、マスクをしていても対象者の特定が、それほど難しくなくなりました。


面取りスキルがレベルアップしたのか、単に慣れてしまったのかは謎ですが…

しかし、コロナの勢いは中々収まりませんね。やっと、イギリスやアメリカではワクチン接種が始まり、日本もそのうちに開始されると思いますが、寒さが厳しくなるにつれて、コロナ感染者の数も増加しています。

先日には緊急事態宣言が出されました。再び人の流れが止まるようなら、仕事への影響もあり、悩ましいところです。

ですが、この感染者の増加は私達にとって、予見出来るものでした。

仕事柄、街中を動き周り、ラブホテルの張り込み、ショッピングモールの出入りをしていれば、人の往来が多いことは肌で感じていましたし、飲食店の混雑を目にしていたので、現在の状況には驚きはありません。

おそらく、最前線を駆け巡る探偵のほとんどが、そう感じていたのではないでしょうか。

ラブホテルの張り込みをしている際に、満室状態で引っ切り無しに客の出入りがある様子を見ていたら、(デリヘルの出入りも多数あり)そう感じてしまうのは当然ですよね。

今は、なにはともあれ、コロナ禍が早く終息してほしいと願うしかありません。熱血探偵は感染対策を万全に、今年も依頼者様の未来を切り拓くため、走り続けます!

盗撮Gメンが盗撮魔に!?

本来、盗撮を取り締まるべき県警の警視が、あろう事か盗撮していたというショッキングなニュースがありました。


山梨県警の生活安全部のナンバー2の警視(59)が電車内で盗撮を繰り返し、パソコンに350もの動画や静止画を保存していたようです。


この警視はJR身延線の電車内で女性を盗撮したとして、11日に県迷惑防止条例違反(盗撮)の疑いで甲府地検に書類送検され、停職6か月の懲戒処分となりました。警視は同日、依願退職したそうです。


しかし、懲戒処分で依願退職は定年退職前の公務員にとって、キツいかもしれませんが、一般市民なら逮捕されてると思うので、この処分は如何なものかと疑問に感じます。


盗撮を取り締まるプロである警視が盗撮するとは、ブラックジョークにもなりません。取材によると、かばんに取り付けた小型ビデオカメラで10歳代の女性の前に立ち、スカートの中を数十分間にわたって盗撮しており、警視が所有するパソコンには計約350の盗撮した動画や静止画のファイルが保存されていたそうです。電車以外で撮影したと思われるものもあったようです。


県警は盗撮用の小型カメラを5台も押収しており、まさに盗撮のプロといえるレベルです。


この警視は「数年前から盗撮を繰り返し、電車以外でもやっていた。女性の下着に興味があった」と供述しているそうです。


ほぼ盗撮犯の模範解答のような言い訳ですが、今まで多くの盗撮犯を検挙しているであろう警視の言葉としては残念ですね。かわいそうなのは県警の同僚達であり、仲間から盗撮犯が出たことは辛い出来事だと思います。


県警の警務部長が謝罪のコメントを出していましたが、再発を防止するためにも、犯行に至る経緯などの聴き取り調査をしたうえで、担当警視の育成をしっかりしていただきたいですね。

ハンドボール王子の裏の顔

つい最近のニュースで「ハンドボール王子 宮崎大輔(39)逮捕 不倫報道の13歳下恋人に暴行!旅行先ホテルで」というのがありました。


宮崎氏は既に釈放されており、「この度は多くの方々にご迷惑をお掛けし、世間を騒がせてしまい、大変申し訳ありませんでした。今後この様な事が無いように反省していきます。申し訳ありませんでした」と取材するマスコミの前でコメントをしていました。


不倫旅行など興味深い内容の報道だったので、調べてみますと宮崎氏は既婚者であり、子供が2人いるようです。現在、奥さんとは離婚調停中で別居中とのこと。


「ちょっと、待て〜」と千鳥のノブなら突っ込みをいれるところです。旅行先のホテルで恋人(不倫相手)と痴話喧嘩のはてに警察沙汰で逮捕って常軌を逸していますよね。


しかも、オリンピックで活躍が期待されるアスリートが元新体操日本代表、フェアリージャパンの選手である深瀬菜月さん(26)と不倫旅行先で起こしたスキャンダルなニュースですから。


深瀬氏は被害届を出さず、宮崎氏に証拠隠滅や逃亡の恐れもないことから、名古屋地検は勾留の必要はないと判断し、すぐに釈放となったようです。


その喧嘩の原因が『財布の奪い合いになり、もみ合いになった』とのこと…

「ちょっと、待て〜」再度の突っ込みです。財布の奪い合いをするなんて、どういうこと?夫婦の何方かが、財布を管理している場合、支払いの際に揉めたというなら分かります。

ですが、不倫相手との旅行先で財布の奪い合いは、たとえ酔って酩酊状態だったとしてもおかしな話です。


週刊文春の記事を読みましたが、深瀬氏は宮崎氏の別居先で同棲をしているようです。これって完全にアウトですね。


離婚調停中に相手の状況を知りながら、関係を持ち、同棲までしていることは常識的にあってはならないことです。
さらに、深瀬氏を受け入れている宮崎氏は倫理的に問題を持っており、人間性が疑われます。しかも、宮崎氏が 深瀬氏 に猛烈にアプローチしてからの付き合いになったようなので、深瀬氏は被害者なのかもしれません。


奥さんと年頃の娘が2人いる宮崎氏に問いたいのは、離婚調停を終わらせ、けじめをしっかりと着けてから自由に行動しろという事です。
自分自身の身勝手な行動で多くの関係者を不幸にすることは許されません。


熱血探偵は彼と同じようなことをして、依頼者や依頼者の家族、関係者を苦しめてきた対象者を数多く見てきました。


はっきり言って、そんなゲス野郎の未来は明るい訳がありません。必ずそのツケを払う時が来ます。
昨今はメダルを取った水泳選手が不倫が発覚した末、スポンサーを失い、信用も失い、苦境に立たされています。


爽やかで健康的なイメージとは裏腹に、やってることは世間一般の不倫カップルと同じか?とも思いますが、ごく少数の貞操観念の欠落した人間だけだと思いたいですね。


なにはともあれ、熱血探偵は対象者に必ずそのツケを払わせるために、日々、依頼者のために証拠収集にあたっています。

光陰矢の如し

11月に入り、朝晩はめっきり冷え込んできました。秋物の衣替えが、ついこの間だったのに、早くも冬物のダウンジャケットを引っ張り出しました。


最近は過ごしやすい、ちょうどいい季節はあっという間に終わりですね。寒い、暑い季節が長く感じます。


むかしはもっと春や秋の季節が長かったような気もするのですが、気象変動や温暖化の影響もあるのでしょう。


2020年も気付けば、あと2ヶ月で終わりです。今年はコロナ禍の影響もあり、いつもより早く時が流れたように感じます。


幸いにもコロナウイルスに罹患することもなく、コロナ禍により、多少の影響はありはしましたが、調査も順調にこなす事ができています。


あと2ヶ月、油断することなく調査に邁進したい気持ちです。
今年は頼もしい調査員も加わり、教えた調査技術をどんどん吸収し、探偵スキルを磨いています。更なる調査力アップが期待できそうです。


みなさんもコロナウイルスやインフルエンザには十分に気を付け、残り少ない2020年を有意義なものにしましょう。


熱血探偵は風邪にもコロナにも負けず、残り少ない2020 年を走り続けます。

cat

近未来探偵はAI?

みなさんはホンダの人型ロボット『ASIMO』を覚えているでしょうか?

ASIMOの歩く姿が当時のニュースで取り上げあられ、マスコミに公開された時には随分と驚かされましたよね。

あれから20年近い月日が経過し、現在のロボットはかなりの進化をしたようです。

アメリカ企業のボストン・ダイナミクス社(Boston Dynamics)が開発した人型ロボット『Atlas』は、まるで人間のように、機敏な動作が可能です。

屋外の荒れ地でも、まるで人間のように走り回り、バク宙までやってのけるのです。

ロボットの動く映像を観て、驚きました。

かなりの進化であり、実用化も近いと推測できるほどのレベルでした。興味のある人はググッてみてください。
ロボットの動きに度肝を抜かれますよ。

人類が今日に至るまでの進化で、空想であった映画の世界が現実化する傾向かあることは、これまでに数多く実証されています。


ということは、サイボーグやアンドロイドが近い将来に実現するということですね。

『Atlas』と名付けられたロボットの動く姿を見て、現実味がより増した感じです。
近未来にAIを駆使したサイボーグ探偵が現れるなんてことも、まんざら夢物語ではないかもしれません。

しかし、実用化がされ、コスト的にも割が合うようになるのは、まだまだかなり先のことになりそうですね。
でも、テクノロジーの進化は非常に楽しみですね。