600km移動!17時間の調査の行方は part2

前回のブログでは、対象車両を追って最寄り駅付近に到着。その後、コインパーキングに調査車両を入れて、ギリギリで電車に乗り込むところまででした。

さて、電車に乗った対象者は名古屋駅で下りて、急ぎ足でJRの券売機前に到着し、チケットを買っています。

こちらも、情報の駅までのチケットを急いで購入し、対象者が改札を抜けた数秒後に改札を抜けて追いかけます。

新幹線乗り場の改札を抜けて、エスカレーターを駆け上がり、東京行きの「のぞみ」を見つけ、ダッシュで向かった刹那、プシューと無情な音と共に扉が閉まりました!

「ちょっと、待ってー!開けてくれー!」と叫んだ(心の中)ところで、時、既に遅し…
10分遅れの後続の「のぞみ」で後追いするしかないので、支部長と打ち合わせをし、焦る気持ちを落ち着かせ、向かいます。

このような時の為に、目的地に先乗りしていた名古屋支部の調査員の出番です。

連絡を取り、対象者の服装など、尾行時に撮影した映像を共有し、到着ホームで捉えられるように、打ち合わせをしました。

約1時間半後、対象者の乗った「のぞみ」が到着し、暫くして調査員から対象者を補足して尾行に入ったとの連絡が入りました。

「良かった!」支部長が安堵の表情を浮かべましたが、レンタカーで移動することも考慮し、油断はまだまだ出来ません。

運良く不倫相手の女性はまだ合流しておらず、対象者はトイレを利用し、出て来たところで、こちらも到着し、尾行に入ることが出来ました。

その後、対象者は同駅内で不倫相手と合流し、地下鉄で移動、たどり着いのは横浜中華街でした。

当日の中華街は人、人、人の超密状態で、一瞬でも目を離そうものなら、何処に行ったか、わからなくなってしまいます。

調査員達は交互に連携を取りながら、つかず離れず尾行をします。
対象者達は仲良さそうに、手を繋ぎ、腕を組み、人の群れを抜けて行きます。

その様子を撮影しつつ、対象者達の先の行動を読んで、尾行に専念します。対象者達が有名店に並んで、饅頭を購入し、立ち食いを始めました。

このご時世、調査をしていても、マスクをしている場面が多く、顔をハッキリと撮影するチャンスは中々ありません。

ここぞのタイミングで、対象者達に気付かれないように人混みに紛れて、饅頭にかぶりつく2人のアップとツーショットを撮影しました。
食べることに夢中な2人は、全く周りを気にしていません。

饅頭を食べ終わった対象者達は中華街を散策し、中華レストランに入店しました。出入口を確認し、張り込みに入ります。人の往来が多いので、張り込みは問題なく、立ち張り可能です。

約1時間後、対象者達がレストランから出てきました。
満足そうに談笑しながら歩く対象者達は、腕を組み寄り添っています。
その様子を見ながら、直感でラブホテルに向かうと熱血探偵は予測しました。

張り込み中に近隣のラブホテルはチェック済みであり、最も可能性の高いラブホテルはマークしています。

案の定、対象者達はそのマークしているラブホテルへ向かっているようです。
角を曲がり、ラブホテルが見えて来ました。支部長さんは私の横を駆け抜け、正面側からラブホテルへ入る瞬間を狙います。

私は歩きつつ、ラブホテルの全景、対象者達、エントランスへ入る一連の流れを全て逃さず、撮影します。

対象者達がラブホテルへ入りました。すぐに追うことはせず、対象者達が部屋を選ぶタイミングでラブホテルに進入します。モニターパネルを見ている対象者達の姿も完璧に撮影できました。

ふと前を見ると支部長さんも対象者達から見えない位置から、ガッツリ撮影していました。十分、証拠撮影が出来たところで、外に出て、支部長さん、調査員の方と出入口を確認します。

その結果、張り込みが必要な出入口は計4ヶ所あることがわかりました。
こちらは3人、中々の難しい張り込みになることが予測されます。

まず、私と支部長さんで出入口を二手に分かれ、立ち張りで対応します。
調査員はレンタカーを手配し、30分後に戻り、対象者達が入った出入口(出てくる 可能性が もっとも高い)を車内より張り込み開始です。

今回はここまでとします。ここまでで、まだ調査の半分くらいです。次回を楽しみにして下さい。

600km移動!17時間の調査の行方は

ここ数ヶ月で調査依頼が増加傾向にあります。忙しいこともあり、ブログのアップが疎かになっていましたが、時間ができたので、久しぶりにアップします。


アーチネクスト総合探偵事務所はFC契約をしている支部が多くあります。
先日、名古屋支部からの応援依頼があり、熱血探偵が向かうことになりました。


調査スタートとなる対象者の自宅は名古屋の西側の町、深夜4時前に堺を出発し、早朝に同所付近に到着した熱血探偵は暫しの仮眠を取りました。
事前に関東の繁華街で対象者と不倫相手の女性が合流する情報は依頼者より得られています。なので、同所への前乗りを含めた対応を既にやっており、少し気が楽ではあります。


名古屋支部長さんと合流し、対象者の自宅で張り込み開始です。情報通り、対象者が車両で出発し、最寄り駅付近でコインパーキングに入庫しました。
まあ、想定通りでいいのですが、車両でかっ飛び、抜け道多用。車両を降りたら走って駅まで猛ダッシュ!


支部長さんには先に車両を降りてもらい、尾行に入ってもらっていたので、見失うことはありませんが、車両をコインパーキングに入れて走って追いかけるこちらのことも考えてくれ…と言っても「知ったことではない」ですよね。


息を切らせて、改札を入り、ホームに着いて対象者を確認と同時に電車が入ってきました。「危ねー!」少しのタイミングで置いてけぼりで、後追いとなるところでした。


名古屋駅へ向かう最中に、隣の車両にいる支部長さんから「間に合いましたか?」とラインが入り、ギリギリでしたと返信。


さて、ここから怒涛の調査が始まるのですが、それは次回のブログで報告することにします。お楽しみに!

新幹線

決死の不倫尾行に神タクシードライバー降臨

その日の浮気不倫調査は対象者のマンションで、張り込みから始まった。

出入口を2点張り、2名で対応する。
開始時には小雨だった雨が1時間後には本降りとなり、見通しも悪く状況はあまり良くない。

対象者の移動手段は徒歩、自転車、車両なので、どれでも対応出来るように、気を抜けない。

雨が小降りになったころ、対象者がマンションの駐車場側から、通用口を歩き出て来た。車両には乗らず、徒歩で移動を開始する。

1名が徒歩で尾行につき、もう1名は車両をコインパーキングに入れ、すぐに尾行に追いつく。(マンション周辺は一方通行が多く、車両での追尾は厳しい)

2名で距離を取り、尾行を続行。曽根崎通りを横断したところで、対象者が走り出した!

走って行く対象者の先に、タクシーがハザードを点灯し、停車している。

すぐ後方を追尾していた熱血探偵が無線で後方のベテラン探偵に状況を伝える「マルタイ前方にタクシー!後部席に浮気相手!」

ベテラン探偵は間髪入れずに、タクシーの進行方向に全力疾走している。

進行方向は御堂筋!考える前に体が動いている。熱血探偵は対象者がタクシーに乗り、浮気相手と合流するシーンを撮影し、タクシーのナンバーを無線で連呼する。

タクシーがゆっくりと移動を開始したときには、ベテラン探偵は御堂筋の少し手前まで来ている。
熱血探偵は後続のタクシーを見つけ、乗車しようとするも、先客あり…
駄目だ、走って追うしかない。

ちょうど、その頃に不倫カップルの乗るタクシーは無情にもベテラン探偵の横を通り過ぎ、御堂筋へ合流していた。

御堂筋に出たベテラン探偵が流しのタクシーに飛び乗り、「探偵です!先行しているタクシーを追って下さい!」と告げると、そのタクシードライバーは「よっしゃ!タクシーのナンバーは?こっちやな!」とフル加速の神対応。

ベテラン探偵を乗せたタクシードライバーはどんどん加速し、前方の車両を追い抜いて行く。

長年の経験から、かなり先行されているので、無理かもしれないと諦めかけていたベテラン探偵は「これなら追いつくかも」と荒くなった呼吸を整えつつ、前方の車両に目を凝らす。

タクシードライバーもナンバーをチェックしながら「こいつか?よし次のタクシーは!」と全力で先行するタクシーを捉えようとしている。

数分後、「あれじゃないか!」タクシードライバーが叫ぶ。ベテラン探偵がカメラをズームし、ナンバーを確認。「あれです!!」なんと、追いつくことに成功したのだ!

スピードを落とし、対象者達のタクシーを尾行しつつ、タクシードライバーに聞いたところ、以前にも同じようなパターンで尾行をしたことがあるとのこと。

なんと、このドライバーさんは経験者だったのだ。しかし、対応の速さ、ドライブテクニックは探偵も驚きのスキルだった。

無事に尾行を成功し、不倫カップルの乗るタクシーがシティホテルのエントランス前に停車する。

後方に停車し、「助かりました!お釣りは取っといて下さい。」と料金を渡すと、ドライバーさんは「ありがとな、頑張れよ。」と笑顔で颯爽と走り去ったそうな。

その頃、熱血探偵は御堂筋を全力で走り続けていた…。

浮気不倫カップルが活発になる春到来

先日、近くの公園に立ち寄ったのですが、桜が満開でした。
早咲きの桜だと思いますが、春の訪れを感じます。

調査についてですが、3月に入り依頼が急増しました。
緊急出動も多く、忙しい日々を過ごしています。温かくなるにつれ、不倫カップルも活発に動き出しているようですね。

世間的にはまん防が解除され、人出も増加傾向にあるようです。コロナ感染の状況も減少傾向にあります。

おそらく、温かくなるにつれて減少し、収束することになるでしょう。(次の感染の波がくるまでは、暫く落ち着くと推測します)

そうなれば、会社の飲み会や友人との集まりなども増え、アリバイが容易に作ることができるので、デートを控えていた不倫カップルの動きが活発になりますね。

久しぶりに恋愛気分を楽しむ不倫カップルは、行動も大胆になります。
まさに絶好の調査、証拠取りのタイミングです。

対象者の中には一度の人生だから、楽しくいろんな相手と出会って恋愛をしたいなどと、身勝手な言い訳をする人もいるようですが、いかがなものかと思います。

そんなことを自分の結婚相手や、恋人に言われたら、相手がどんな気持ちになるのか、想像力の乏しい人なのでしょうね。

熱血探偵は依頼者様の気持ちを汲み取り、そんな身勝手な対象者を見逃すことはありません。必ず浮気の証拠を取り、白日の下に晒し、改心させるように尽力します。

今日も何処かで、同じ気概を持った探偵達が対象者を追って、全力疾走しているかもしれません。

桜

コロナも調査も情報収集が肝心


今年に入ってからも、例年と変わらず調査に奔走する熱血探偵です。


ところで、コロナに関しては年始からだいぶ様子が変わってきました。新年を迎えた頃には数百人程度の新規感染者があっという間に数万人となり、倍々どころではない様相を呈しています。


今回のオミクロン変異株はデルタ株に比べれば、弱毒化していて重症化のリスクは低いようです。しかし、感染力がかなり高いようなので、尋常ではない広がりを見せています。


今までのコロナ感染の周期を私なりに調べて見ると、どうも3ヶ月の周期があるようです。(一部の人々も3ヶ月の周期があると言われています)感染拡大期間3ヶ月(感染拡大開始→ピーク→感染減少)収束が3ヶ月で、このループを繰り返しています。


気になってオミクロン株が最初に見つかった南アフリカのコロナ感染状況を調べて見ると、既に感染はピークアウトしており、減少傾向にあるようです。

因みに、南アフリカも収束時には306人(2021年11月13日)だった新規感染者が1ヶ月後には23,884人(2021年12月14日ピーク時)になりました。ですが、そのピーク時から減少に転じ、更に1ヶ月後には3,519人(2022年1月21日)にまで減少しています。おそらくですが、その1ヶ月後には二桁くらいになると予想されます。※ロイター通信情報


この事例を日本に当てはめれば、ピークアウトは2月頭から中旬頃となり、そこから減少傾向になるかもしれません。あくまで、情報を分析した私の予想なので、現実となるか、どうかはわかりません。


こういった情報は日本のマスコミからは、あまり聞くことはありません。感染者数ばかりクローズアップし、危機感を煽るような情報拡散が目立ちます。


世界のコロナ感染状況や、感染の周期、今後どうなっていくのか、大まかな展望や感染者数のピーク時の予想も含め、マスコミが伝えるべき事はたくさんあり、正しい情報を国民に伝えるべきだと熱血探偵は考えるのですが、視聴率至上主義からすると、危機感を煽ったほうが数字が稼げるのでしょうね。


ジャーナリズムやジャーナリストの本分を知る気概を持った人達にもう少し、頑張って欲しいものです。真実を知りたければ、自分自身で正確な情報を収集、分析して、判断しなければなりません。


感染者数のみにとらわれていると、経済が回らないだけでなく、二次災害的に被害を被る人達がいることを考慮し、的確な対応を政府や自治体には求めたいものですね。


正しく理解することで、必要以上にコロナウィルスを恐れることなく、経済を適度に回し、人流、お金の流れも滞らないように出来れば、新しいステージへ前進出来ると思います。


同じことを繰り返す愚行を避け、臨機応変に対処すれば、より良い道が切り開かれる。調査も同じで、失敗した経験から学び、対応策を講じ、臨機応変に対応すれば、成功率は格段に上がります。


まだまだ何かと大変なご時世ですが、みなさんも家族や自分自身は己で守る意識を高め、今回のコロナ禍(第六波)を乗り越えていきましょう!

2022年のスタートです!

あけましておめでとうございます。
2022年が皆さまにとって明るく希望に溢れる1年となりますように。 本年もどうぞよろしくお願いいたします!


熱血探偵の年末は超過密スケジュールで、寝る間もないほど、調査に邁進していました。

依頼者様からの緊急連絡で、ラブホテルへ猪突猛進、ギリギリのタイミングで証拠を撮影!一度や二度では御座いません。依頼を受けたからには、何としてでも証拠を押さえなければならない。


熱血探偵は間に合うか、間に合わないかを考える以前に、体が勝手に現場へ向かう、全力でベストを尽くすことに重きを置いています。
それこそが私のポリシーでもあります。現場に到着するまでの車中で、ラブホテルの立地状況、エントランスの位置を調べ、張り位置をイメージし、到着したら即座に張り込み出来るようにスタンバイします。


そこまでして、向かっている最中に、対象の車両が動き出してしまうことも稀にあります。
案件によっては、その時点で解除となるパターンもありますが、尾行をして浮気相手の自宅割り出し、調査続行のパターンもあるので、すぐに頭を切り替え、モチベーションを維持し、尾行に全集中となります。


今年も熱血探偵は、そのポリシーに揺るぎない調査を実践し、数多くの依頼者様の未来を切り開いていきます。困難であれば、あるほど探偵としてのプライドと血が沸き立ちます。


今年も数え切れないほどの対象者をスナイパーのように、全く気配すら感じさせずに、証拠を押さえてみせます。

夜景

浮気調査の尾行術とポイント

今日までに数え切れない程の尾行をしてきた熱血探偵ですが、全てにおいて成功してきた訳ではありません。

ベストを尽くしたとしても、タイミングが悪かったり、予期せぬ邪魔が入ったりすれば、尾行は上手くいかないものです。

そこでバッドなシチュエーションのいくつかを、経験をもとに取り上げます。

①混み合っている、地下鉄構内などは、かなり調査難易度か上がります。
レアケースですが、ホームで並んでいる列を無視して、満員電車に乗り込む対象者はヤバいです。こちらも必死に乗り込もうとしますが、白い目で見られ、入り込む余地がなければ、ジ・エンドです。

基本的に混み合っている駅構内などの尾行は、かなり距離を詰めないと、すぐに見失ってしまいます。全方向に気を配り、集中力を高め、2名体制で対応すれば、ほぼ見失うことはありません。

②車両尾行の場合、赤信号のタイミングで先行された場合でも、信号無視をせずに対応できる方法が実はあるのです。(信号無視は道交法違反です)
2台体制であれば、尾行スキルをフル活用すれば、失尾することは殆どありません。ですが、相手によります。

運転が荒く、日常的に信号無視や、ウインカーを使用せず、進路変更をするような対象者は、追尾するのが厳しいだけではありません。
そのような運転をする人は、警察車両がいないか、後方からついて来ていないか注意しているので、尾行をすると、目についてしまいます。

ですので、2台体制で入れ代わりながら、尾行するなど、様々な対応が求められます。基本的に探偵調査はバレないことが大前提なので、必要ならあえて尾行を切って、先回りなどの対応をします。

アーチネクストでは、警戒心の非常に高い対象者でも、対応をできる事が多く、他社では不可能だった調査でも、これまでにも数々の証拠を押さえています。
そこで活かされるのは、長年の蓄積された経験値やスペシャルなスキルです。

物理的に困難な場面もありますが、全力を尽くし、警戒心のある対象者を出し抜いて、完璧な証拠を押さえたときの達成感は格別です。

対象者の警戒心を知っていて、諦めモードの依頼者様から、調査内容と証拠をお見せした際に、「神レベル」とお褒めの言葉を頂くときもあり、大変、やり甲斐を感じるときもあります。

さて、尾行についてですが、最も困難なパターンは電車を下りてからの、対象者の移動手段によります。

①歩いて自宅まで移動。これは、問題ありません。

②駅に迎えの車両が来て、自宅へ移動。これも、タクシーを早めに手配しておけば、問題ありません。

③駅を出て、タクシーで移動。これも、後続のタクシーをつかまえれば、問題ないでしょう。
ただし、相手側のタクシードライバーと探偵がつかまえたタクシードライバーの運転の仕方によって異なります。
タクシードライバーによっては、運転が荒く、スピードを出し、無茶をする人もいるので、対象者側のドライバーがその場合は、かなり困難となります。

また、探偵がつかまえたタクシードライバーが安全運転重視で協力的でない場合、ギリギリのタイミングの信号でも、停車されたりするので、このパターンも厳しい結果となります。

タクシーで尾行の場合、かなり運の要素が働きますね。
タクシーをつかまえて、直ぐに信号にひかかって、見失うパターンもあれば、神戸市から泉南市までの長距離を、見事に尾行してくれたドライバーさんもいます。

④駅を出て、駐輪場へ入り、自転車で移動。これが、最も困難なパターンです。
探偵1名が調査機材などの荷物をもう1名の探偵に預け、ひたすら走って追う。もう1名はタクシーでフォローします。(途中で交代、路地に入った際に走るために体力温存など)


スキルとかではなく、体力と走力が全てです。信号で何度も停止してくれれば、追いつきますが、ひたすら進まれると少しずつ離され、見失ってしまいます。

何かいい方法はないかと、模索していますが、キックボードやスケボーでは、うるさくて、即バレですね。こればかりは難しいです。

熱血探偵は筋トレ、ジョギングをやって、体力増強で対応したいと思います。

過去の調査では、走って走って成功した、思い出深い調査もありますので、また次回にでも、ブログにアップしますね。

緊急事態宣言解除後の浮気調査は増える?

緊急事態宣言が解除されて、数日が経ちました。

涼しくなるに連れ、新規感染者が急激に減少しましたが、はたして、このまま減少していくのでしょうか。

やっと日常が戻り、私達はコロナ禍から解放されるのでしょうか?
これから、どうなっていくのかは、やはり2週間後の経過を見ていくしかありません。

解除後に、通勤時間の電車は満員電車状態ですし、人出も増加しているようです。
店舗によっては、密な状態となり、感染が危惧されるシチュエーションが増えているようです。

どうなるかは、まだ分かりません。

しかし、ワクチン接種率が7割を超えていますし、今日までに国民が学んできた、感染対策を継続すれば、大丈夫なのではとも思います。

未来はある程度、予測出来ても、知ることは出来ません。3年前に現在のコロナ禍の現状を知り得た人は誰もいないのですから。

探偵としては、宣言の解除は嬉しいニュースです。
不倫カップルは飲み会や会社の都合などの理由が出来たことで、以前よりも、頻繁に会うことが出来ます。

なので、必然的に我々の仕事も増えます。実際に依頼や相談も増加傾向にあります。

熱血探偵も忙しくなる事を想定し、体力増強に努め、準備万端で不倫カップルの証拠を収集します。

不倫と修羅場のラブホテル

9月に入り、コロナ感染者数がだいぶ下がってきました。一時はどうなることかと危ぶまれましたが、一安心です。

まだまだ警戒をしなければならないレベルですが、ワクチン接種も50%を超え、出口が微かに見えてきたかもしれませんね。


現状の調査状況ですが、不倫相手の自宅の張り込みや、不倫カップルの尾行、ラブホテルの張り込みなど、相変わらず堺市や和泉市など、大阪府下をはじめ、近畿全域を走り回っています。


以前の、ネットニュースに「ラブホテルの駐車場で、車体にしがみつく妻を引きずり、急発進させてケガをさせたとして、夫が逮捕」という記事がありました。
詳細は不明ですが、夫が知らない女性と出てきて、トラブルになった可能性が高いようです。


探偵の視点から見れは、大変、残念な結果です。不倫を見つけた妻が感情的になり、出てきた夫に詰め寄ったところ、夫と不倫女性がパニックになった末、車で逃げようとしたのでしょう。

しかも、妻が車にしがみつき、無理して出たあげく、怪我をさせ、逮捕とは最悪の結果です。


相当な修羅場が展開されたと思うと、あまり出くわしたくはない場面ですね。もしも、この奥さんが感情的に行動することなく、探偵に相談していたなら、まったく違った結果になっていたことを思うと、やはり残念ですね。


熱血探偵のアドバイスとしては、一時の感情で行動することは損です。ですので、どうしょうもない気持ちはあると思いますが、冷静に探偵に相談することで、最良の結果が導き出されます。探偵はその方法を豊富な経験でカバーする事ができる存在なのです。


最良の結果に結びつける為、今日も堺の熱血探偵は調査に邁進して参ります!

オリンピックとコロナ感染拡大

7月も下旬となり、暑い日々が続いています。東京オリンピックも後半戦が始まり、熱戦が繰り広げられていますね。

そして、8月に入り、さらに一段と暑くなってきました。ここに来て再びコロナ感染者が急増しています。

先月の人出の多さから、コロナ感染者の増加を危惧していましたが、尋常ではない増え方が気になります。

現在のマスコミはオリンピック報道がメインでコロナ感染については、二の次的な対応をしています。
オリンピック前はコロナ感染をメインの報道をし、オリンピック開催は如何なものか?的な対応をしていたにもかかわらず、オリンピックが始まれば、掌返しの如き対応をしています。

元々、視聴率至上主義の一部の日本のテレビ、マスコミの話題作りには、報道に対する主張や誇りもないと呆れていました。
なので、また平然と視聴率を取りにいく番組ばかりだなと静観しています。

もう少し、コロナ感染の増加と危機感を主張する報道番組がないものかと思いますが、二の次ですね。

探偵の仕事の大半を占める浮気調査は、コロナ感染・非常事態宣言などで、影響を受けてしまいます。
コロナ感染なんて、関係ないと情事を重ねる強者不倫カップルはやはり少数です。

オリンピック・パラリンピックが無事に閉幕し、ワクチン接種が行き届き、日常が戻ることを切に願う熱血探偵です。